<< 開演!オスカルリサイタル!! 真田純勇士 de ヌーベル・エ... >>

パチリスクがスロリスクになって帰ってきた!

にほんブログ村 パチンコブログへ
c0133755_0153519.jpg
最近、微妙にスロットの勉強を始めたぐマさん。

「事前に台の特徴を調べてから打つべし」
と前回誓ったわけですが、

気がついたら、全く調べてない「バジリスク」の前に着席。
(理由は「唯一空いた台だから」)


…まあまあ!
(4円比で)気兼ねなく打てる5円スロットですから、
まず習うより慣れろ、ってことでどうでしょう?(←もちろん言い訳です)


図らずも忍者ものスロットの連戦。
リアル素人がどこまで食らいつけるか、はりきってどうぞ~!

c0133755_015465.gif


座ってみて気づいたのですが、この台は特徴が2点。
1.メダル投入口にローラーが付いてる
2.リールが小さい


1.
まだメダルを素早く投入出来ないので
ローラーが付いてると便利かも!?と感じましたが
実際入れてみたら、あんまり大差ありませんでした。

スロット云々以前に、まずメダルの投入から練習すべきだと痛感(汗)


2.
他に比べて随分小振りなので、
図柄を狙うのが結構大変かな?と不安でしたが、

バジリスクは液晶画面にもリールの絵が出てまして、
リールで揃ってなくても、液晶では図柄が揃ってる不思議。
ではこのリールは何?


訝しみつつ、ボタンを淡々と止めていくとc0133755_016116.jpg
随分早い段階で伊賀忍者達を倒し、バジリスクチャンスなるものが確定。
「チャンス」という事は、当ったわけではない…のでしょうか?(←分かってない)

そうそう、この確定した時だけは指示通りの出目を止める必要があり、頑張りました。
(逆に、ここ以外は適当押しで良いので…実はリールの必要性があまりない!?


調べてみたところ、このバジリスクチャンス=ボーナスに相当する模様。c0133755_016149.jpg
液晶に出る押し順通りに押すと小役が揃う仕掛けです。
結構な頻度でリプレイも揃うので、知識ゼロで打つとリプレイタイムのようにも思えてきます。

伊賀忍者を100人倒せ!とあったのですが、途中で倒れてしまって終了。


要領がなかなか分からないまま続行しますが
どうもこの台は、かなり特殊で変わっている予感が…。


ド素人が知識ゼロで手を出すべき台ではないのかも?


何も調べずに打ってる事が悔やまれます。c0133755_0163341.jpg
そこへ、画面に大きく出る高確の文字。(あれ、スロットって確変無いんじゃ…)

そして襖に三種の文字が書かれています。
「安定」「波乱」「勝負」…




じゃあ勝負で。





勝負の右ボタンをプッシュ。
c0133755_0164512.jpg
なるほど、襖が開けば高確率が1000ゲーム続くわけですね。
(帰宅後調べたのですが,開かないと0ゲーム)
(安定は30ゲーム固定、波乱は毎ゲーム1/28で転落の可能性)
















c0133755_0172272.jpg
開きました。


初打ちかつ知識ゼロなので淡々と見てましたが、
開く確率は1/4.8らしく、地味に運が良かったみたいです。


しかし、高確率なのにメダルは容赦なく減り続けてるんですが…。
リプレイタイムに突入したと踏んでましたが、違ったのでしょうか。


演出的には、屋敷の中で甲賀幹部達が会議中なんですが…c0133755_0173422.jpg
会話内容がこんなのばっかり。
他には「最近涼しいですね」など。


異常にローテンションな会議です。


高確率なのに、こんな調子で100ゲーム程ハマり(汗)
しかし、ついに重い腰を上げる弦之介さん。c0133755_0174883.jpg
出立=バジリスクチャンス確定なんですね…そりゃ腰が重いわけです。


そして、今回無事に100人撃破達成!c0133755_017592.jpg
初の「バジリスクタイム」に突入ですが、ド素人としては、とりあえず適当打ちで。


バジリスクタイムは「追想の刻」と
↓下の「争忍の刻」に分かれていて、伊賀に勝たないと終了なのです。c0133755_0181426.jpg
朱絹さんが恐ろしい事を言っている間に、
こっそり777を揃えさせて頂きました。


ここでの忍者達は全員2頭身で、
c0133755_0182738.jpg
猫っぽい陽炎さん(左)と、蛇が猛烈に気になる蛍火さん(右)。
この二人がちょっとポイント高し。




◆ここでちょっとおさらい◆


・バジリスクは、当るとまずは45枚払い出しで終了の「バジリスクチャンス」に突入。
・ここで100人撃破すると、※ARTである「バジリスクタイム」へ。撃破失敗でボーナス終了、通常へ。
・「バジリスクタイム」になると、規定ゲーム数(10~100ゲーム)プレイの「追想の刻」に入る。
・「追想の刻」が終了すると、「争忍の刻」へ移行。このモードは内部設定によって継続率が異なる(25%・33%・50%・67%・80%)。
・「争忍の刻」は19~54ゲーム続き、この間に敗北すると通常へ移行し、終了。また、勝利すると再度「追想の刻」へ移行し、移行ループ。
「争忍の刻」中にボーナスを引くと、次回「争忍の刻」での勝利が確定。
※コメント欄から、通りすがりさんに訂正分を頂きました!
「争忍の刻」の勝利は「追想の刻」開始のレバオンで抽選してるので、
「争忍の刻」が負けフラグのときに「争忍の刻」中にボーナスを引くと、
継続抽選を「追想の刻」に入り直すときに行うので、また継続抽選で落ちると負けになります。
逆に勝ちフラグのときは転落抽選はしないので次回勝ちが確定です。



※ART(エーアールティー):アシストリプレイタイム。このモードに入ると
リプレイ確率が急上昇すると同時に、押し順ナビで小役が揃うので、メダルが少しずつ増えていくとか行かないとか。
パチンコで言うと、時短中に止め打ちして玉を増やすような感覚でしょうか?


以上、パチンコビスタのゲーム性紹介ページを参考に記述してみました。



一言で表すと「ド素人には大変ややこしい」システムなのです。






打っている時はシステムを知りませんので、とにかく適当押しを一本で頑張りました。c0133755_0184783.jpg
さっきの争忍中に777を引いているので、もしや…と思っていましたらc0133755_0185937.jpg
今度もバッチリ勝利できて、甲賀連勝!c0133755_0191315.jpg
甲賀勝利だと、ラストで朧さん(伊賀側)が現れて、
c0133755_0195223.jpg
とっても嬉しそう。
多分、弦之介さんと晴れて祝言だから…と思うのですが、

裏で全ての糸を引いてそうな気も…いやいやそんなまさか。c0133755_0201129.jpg
目押しを普通に失敗する事も多々ありつつ。c0133755_0203121.jpg
争忍の刻で祝!3連勝!
朧さんも大変嬉しそうなのです。
見方によっては、自分の手を汚さずに…
c0133755_0205685.jpg
いやいや、こんな可愛い人に限ってそんな…。


気を取り直して、争忍の刻4回目。c0133755_0211440.jpg
相手を3人残して、弦之介1人に…大ピンチ!



c0133755_0212966.jpg
あ、負けました。


「敗北後に朧さん登場で復活」
なんて演出もあるみたいなのですが、当然出現せず。


朧さんの手のひらで踊らされていたような気もしますが…気のせいですよね。


ここまでで獲得メダルが600枚程度に。


この出玉を元手に、もっとスロットの勉強をしなければ…。
という事で続行です。



この台は当る確率が高め(設定1でも1/128)で
当り自体は割とサクサク来るので、

細かい増減を繰り返しつつも…


c0133755_0214964.jpg
バジリスクチャンス中に777が揃って瞳術発動したり、

c0133755_022141.jpg
ルーレットからの釣り演出が発展して当ったり、



c0133755_0221915.jpg
これもルーレットから、朧さんが弦之介に駆け寄って当ったり…

c0133755_0224310.jpg
↑あ、やっぱり黒幕ですか?

c0133755_023061.jpg


そんな感想を抱きつつ、バジリスクチャンスで敗北後に復活をしたり、c0133755_0231427.jpg
ハイテンション蛍火さんや、ボーナス確定なんかも引いちゃったり。


極めつけは、↓甲賀10人 vs 伊賀5人。甲賀の先鋒のおじいちゃんが
c0133755_0232945.jpg
大ハッスルの5人抜きで完全勝利。

「リンチっちゃあリンチだな」(ギャグマンガ日和)


じんわり微減な展開でしたが、
最初に稼いだ出玉で5時間くらいマッタリと打てて、演出も色々見れて大満足なのです。c0133755_0234290.jpg
最後は弦之介さんも朧さんも外してしまって、バタンキュー。


最終的には全部持ち玉が無くなったので、終了。



■設定推測基準
バジリスクのスペックは以下の通りです。

設定 / 合成確率 / 機械割
 6 / 1/93 / 119%
 5 / 1/113 / 110.1%
 4 / 1/117 / 106.2%
 3 / 1/120 / 102.1%
 2 / 1/124 / 99.5%
 1 / 1/128 / 97.1%

当日のデータロボに表示されていた、ボーナス合成確率は1/124。
今回の微減展開と機械割が合致しますので、




推測基準を踏まえ、今回の予想設定は設定:2


ボーナスの出玉スピードがARTくらいの速度なので
短時間で一気に!というよりも、ARTのループをまったり楽しむ台に思えました。


そしてバジリスクは、サンセイのパチンコでもそうでしたが、
原作漫画のエログロ要素全カットしても問題ないどころか
むしろそっちの方が楽しめるので、


改めて、パチンコにもスロットにも
ヌーベル・エロイーズは不必要だと感じた日でありました。

c0133755_14291541.gif
にほんブログ村 スロットブログへ
ランキングに一喜一憂するぐマに1クリック頂ければ幸いです。






■ブッぐマークに、天下人さんの「天下はど~やって取るのかね?」を追加しました。
[PR]

by gu_ma | 2010-09-03 00:34 | スロット実践記

<< 開演!オスカルリサイタル!! 真田純勇士 de ヌーベル・エ... >>