「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

パチンコ風味のDVD&読書レビュー

にほんブログ村 パチンコブログへ
c0133755_23322685.jpg
こんばんは、一ヶ月ぶりのご無沙汰な、影です。

最近、持ち帰りのお仕事ばかりで
ぐマぱち更新時間を捻出できず、申し訳ございません。

何とか今日1日、時間を作れましたので
この隙にぐマと一緒に見たり読んだりした
「パチンコ関連のDVD&本のレビュー」などを!


まずは…
c0133755_23323917.jpg
牙狼<GARO> RED REQUIEM!

ぐマに
「牙狼とアリエッティがありますが、どっちを見たいですか?」
と聞いたら

「牙狼!」

と即答された、待望の牙狼映画DVD。


さあ、DVDプレーヤーにセットして、
スイッチョン!!


















ー2時間後ー


















c0133755_23325426.jpg


チーン……




















…あれ?


…えーと……


面白くないです。



やっと左遷先の北海道から
鋼牙&ザルバコンビが戻ってきたというのに…。


気になった所を箇条書きにしてみます。

・鋼牙とザルバ以外の既存キャラが誰も出てこない。
・鋼牙の演技力が上がったが、烈花でプラスマイナスゼロ。
・主要新キャラが全員暗い過去と性格。
・生身での戦闘時間が異常に長い。
・CRで使う為に起用したとしか思えない、映画本編でほぼ無意味な中尾彬キャスティング。
・カルマがメシアの焼き直し。


特に気になったのが太字の部分です。

TVシリーズではカオルやゴンザや零、はたまたホラー役のゲストが
シリアス展開の緊張を解きほぐす役を担っていましたが、
今回は鋼牙&ザルバ以外は全員知らない人なので
彼らの背景描写に時間を割くあまりに
本編の流れがグダグダになってしまった感が。

TVキャストを交えて作成していたら、と思えてなりません。










c0133755_23332544.jpg
呀<KIBA> 暗黒騎士鎧伝!

RED REQUIEMを見た後に、ぐマに
「早く京本様を借りてこい」と催促された本作。


RED REQUIEMの本編時間97分が、かなり中だるみしてた印象なのに対し
こちらの呀は45分と短めなので、物語の進行具合は改善されてました。
しかし、リア・ディゾンの昔話は丸ごと要らなかったような気も。


本編の見所はキバがひたすらボコられる場面。
・バドの技に良い所無く翻弄されるキバ。
・牙狼のミドルキックをどてっ腹に受け、悶絶するキバ。
・カオルさんのチョップで地べたに這いつくばるキバ。



それと、このDVDはCRで使う素材を実写で撮影し、
残りを「監督の筆ペン絵」で表現するという斬新な手法を使ってますが、
これが結構ハマってて良かったです。

という事で、


■頑張ったで賞
筆ペン絵をVFX処理したオムニバスジャパン。



その他の受賞者は以下の通りです。

■縁の下の力持ちで賞
c0133755_2333495.jpg
CG処理の為にグリーンバックに溶け込む、凄い見た目の全身緑タイツの人。


■大人の事情で賞
c0133755_2334193.jpg
上:雨宮監督の絵コンテの片隅に「CR共用」の文字が!
下:DVDの特典映像が、まさかの「CR牙狼リーチ集」。


■可哀相だったで賞c0133755_23341215.jpg
衣装を着て台詞もキッチリ喋ってるのに、本編で影絵化&台詞全カットされたリア・ディゾン。


■不老不死で賞
京本政樹(52歳)。










c0133755_23343397.jpg
「パチンコがなくなる日」 POKKA吉田:著

著者のPOKKA吉田氏に関しては、過去に検索で
氏のサイトに辿り着き、記事を読んだ事がありました。

業界内部に切り込む文章は読みやすく面白い内容でしたが
一ヶ月後に全ての記事が有料サイトに移行してしまってそれっきりに。

その後、アマゾンからのお勧めメールにこの本が載っていたので興味を頂き、購入しました。

内容は可能な限り裏を取って執筆したと思わせる、説得力のある内容でした。
パチンコメーカー、パチスロメーカー、業界団体、換金行為、警察について
過去から現在までの流れを、客観的な事実で浮き彫りにしようと試みています。
素人の私には初めて知る話も多く、興味深い内容が多かったです。

しかし、エンドユーザーから離れた話が多いため
パチンコを打つ人みんなが知りたいような内容ではなく
「知ってても知らなくても、どちらでもいい内容」と言えます。

表紙の半分を占める大きさの帯に「真実の暴露本」と書かれていますが
そこまで仰々しい話ではなく、「ここ10年で業界ではこんな事がありましたね」
と過去を振り返る本という印象です。



内容とは別に、本文中で気になった事が。


■1つ目の気になった事
c0133755_23344846.gif
こんな調子の片仮名が連発、中でもヤヤコシイはかなりの頻度。
中身が結構堅い内容なので、ギャップが気になります。



■2つ目の気になった事
本編の内容は至って淡々としていたのですが、
「おわりに」という結びの章で突然、別の本の著者を名指しで
「取材力の欠落を示す馬鹿」「事実誤認ができない阿呆」
と攻撃的な文章で罵倒しだす著者。

後味が悪すぎます。






そして、この本を読んで一番衝撃だった事。




この本のタイトルは「パチンコがなくなる日」。
その最終ページに、こんな文章が。


c0133755_233532.gif








「ええっ!?」







「パチンコがなくなる日」がタイトルの本で、結びが「分かりません」って…。






衝撃の結末を迎えた本書ですが、裏表紙部分を見て納得。
c0133755_23353732.gif
そう、この本は「なくなる日」シリーズという物の一端だったのです。
ちゃんちゃん。






■おまけ■
c0133755_23355272.jpg
心の底から「何故??」な、このタイアップ。







■ブッぐマークにyuzさんの「☆毎日を笑うための夫のGO楽♪」を追加しました。


c0133755_14291541.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ
ランキングに一喜一憂するぐマに1クリック頂ければ幸いです。

c0133755_21293061.gif

[PR]

by gu_ma | 2011-11-20 23:43 | ぐマ in the ハウス